ヘッダー画像
矢巾町

【矢巾町 ラーメン】シロクロの営業時間・メニューを紹介!

シロクロサムネ

今回お邪魔したのは岩手県矢巾町にある、煮干しの香りが店内に漂うこだわりのあるラーメン屋さん。

駐車場から、店内の窓に「金のにぼし」と書いてあるダンボールが山積みにされているのが特徴的でした。

駐車場はお店の前に8台分ほどあるので、そちらを利用します。

お品書き(目次)

「シロクロ」のお店情報

店名煮干しらー麺 シロクロ
TEL非公開
アカウントTwitter
住所岩手県矢巾町又兵衛新田7-8-9
営業時間11:00~14:30
18:00~20:30
席数10席
定休日不定休(店頭、Twitterにて告知)
駐車場
アクセス矢幅駅から徒歩10分

「シロクロ」の外観・内装

店舗の外観

shirokuro01こちらが外観。

電光看板がついているので、道路からでもわかりやすかったです。

見た目は一軒家のようなお店で、入りやすい印象でした。

店舗の内装

shirokuro02こちらが内観。

お店に入るとすぐ右側に券売機があるので、そこで食券を購入します。

席はカウンター席のみで、10席ほどありました。

お店の名前の通り白い壁と黒いテーブルで統一されており、清潔感があり店内も綺麗でした。

shirokuro03壁に向いて席が用意されているので他の方に気を遣わず食べることが出来るのが嬉しいです。

カウンター席のみなので、1人でも来店しやすいです。

メニュー

「シロクロ」のメニュー

shirokuro04

主なメニュー
・煮干醤油らー麺 780円
・塩煮干らー麺  780円
・煮干つけ麺   850円
・豚骨魚介らー麺 800円
・豚骨魚介つけ麺 850円
・ご飯      100円

煮干しがメインのラーメンが多く、他にも限定麺というラーメンがあり、日によって数量限定で販売されるものがあります。

Twitterにてその日に何をどれくらい販売するか告知しているので、要チェックです。

こちらのシロクロさんは盛岡市にある、火ノ鷺さんで監修のラーメンを出しているのでそちらも合わせて食べに行ってもらいたいです。

塩煮干らー麺【780円】

shirokuro05塩味ですが、スープの色は醤油のようなラーメン。

煮干しの風味が香り高い1杯です。

shirokuro06トッピングは、ローストポーク、メンマ、ねぎ。

チャーシューの脂身が甘く、煮干しのさっぱり感とベストマッチです。

shirokuro07スープは煮干しの香りがよかったです。

最初はクリアな旨味を感じ、後味にほんのり苦味が残りました。

麺は手もみの太麺でした。

少し硬めで食感が良く、小麦の旨味が感じられます。

豚骨魚介つけ麺【850円】

shirokuro09魚介の香りがいいつけ麺。

豚骨魚介は辛くすることができるので、食券を渡す際に注文してください。

shirokuro10麺は全粒粉を練りこんだ太麺。

通常よりも栄養価が高いのが嬉しいです。

shirokuro11つけ汁はとろみのあるスープでした。

魚介の旨味と豚骨のまろやかさがバランスよかったです。

shirokuro12つけ汁の中には、ローストポーク、メンマ、ねぎの具材が入っていました。

熱が入って少し硬めになったローストポークも、しっとり感はそのままで面白い食感です。

shirokuro13とろみのあるスープがよく絡まり旨味がダイレクトに伝わっていました。

麺は冷たく、つけ汁は温かいのでいいバランス。

豚骨魚介らー麺【800円】

shirokuro14つけ麺をそのままラーメンにした一杯。

こちらも辛くすることができます。

shirokuro15トッピングは、ローストポーク、メンマ、海苔、ねぎ。

長いメンマで、非常に柔らかいのでいつまでも食べていたい味わい。

shirokuro16スープはとろみがありました。

濃厚な魚介の旨味がガツンと伝わるスープです。

shirokuro16麺は手もみの中太麺でした。

とろみがあるのでよく絡み、存分に楽しむことができます。

まぜそば【800円】

shirokuro18シロクロさんの限定麺です。

Twitterで告知されていました。

shirokuro19トッピングは、ローストポーク、メンマ、玉ねぎ、魚粉、ねぎ。

玉ねぎはシャキシャキ感がよく、いいアクセントになっていました。

shirokuro20タレは濃厚な魚介の旨味がガツンと伝わってきました。

魚粉も付いているので、全体に香りが広がり麺をすするたびにいい風味を感じます。

shirokuro21麺は太いちぢれ麺で、硬めに茹でられていました。

硬めの食感が良く、食べ応えも十分です。

濃厚そば【850円】

shirokuro22濃厚な煮干しエキスが使われているラーメン。

名前の通り煮干しの濃厚さが見た目と香りから伝わってきます。

shirokuro23トッピングには、低温調理チャーシュー、海苔、ねぎ、玉ねぎが乗っていました。

海苔は細かいものが使われており、シャキシャキした食感がクセになります。

shirokuro24スープは透明感のない濁ったスープで、濃厚さが見てわかります。

いわゆるセメント系のスープで、味が濃く苦味も感じられました。

常時セメント系の煮干しラーメンが食べられるお店は少ないので、貴重なお店です。

shirokuro25麺は細麺で、パツッとした食感が小気味いい。

スープを吸って存分に堪能することができます。

煮干醤油らー麺【780円】

shirokuro26煮干しと醤油のバランスを追求した1杯です。

煮干しのいい香りがよく、見た目も綺麗でした。

shirokuro27こちらのお店では、全8種の煮干しを組み合わせてスープを作っているそうです。

煮干しは、白口、背黒3種、アジ、平子2種、イカを使っており、白口と背黒からシロクロという店名にしたようです。

shirokuro28スープにはエグミや苦味がカットされており、クリアな旨味が感じられました。

スープの煮干しが濃いのにしつこくないので飲み干す事のできる1杯でした。

shirokuro29こちらは太麺で食べ応えがあります。

ラーメンによって太麺と細麺を分けているのがポイントだと思います。

海老つけ麺【800円】

shirokuro30シロクロさんの限定麺です。

Twitterは確認していなかったのですが、ラッキーなことに限定麺が残っていたので注文しました。

shirokuro31極太麺で約1.5玉分あるので、食べ応え十分で満足感が得られます。

スープは濃厚なドロ系で海老の味がかなり強く感じられるので、海老そば好きにはたまらない1品になっています。

shirokuro32つけ汁の中には肩ロースの角切り、極太メンマが入っていました。

プラス100円で約2玉分にすることができるそうです。

shirokuro33平日限定でご飯が無料なので、せっかくならとご飯を頂きました。

海老のつけ汁にご飯を入れてみると、旨味がご飯と合い美味しいおじやができました。

スープ割りもできるとのことだったので、味が濃い場合は頼んでみるといいと思います。

ローストポーク丼【320円】

shirokuro34豚肩ロースを低温調理したチャーシューの切り落としが盛り付けられたミニ丼です。

7枚ほど盛り付けられていたので、贅沢なのに破格な値段に驚きです。

shirokuro35ローストポークは硬めの肉質で、噛みごたえ満点。

さらに甘くてしょっぱいタレがかかっているので、ご飯が進みました。

個人的にローストポークが好きっていうこともありますが、丼として完成度が高くてとても満足しました。

和え玉塩【200円】

shirokuro36麺が150gと、普通のラーメン1杯分の量があるのに200円という格安価格でした。

替え玉とは違い、トッピングとタレが一緒についてくるのでそのままでも楽しむことができます。

shirokuro37トッピングには、細く切られたチャーシュー、玉ねぎ、魚粉が乗っていました。

麺は細麺で、タレはしっかりめの味付けなのでまぜそばとして食べることもできました。

つけ麺にして食べたり、全部スープに入れて替え玉とすることもできるので、様々な食べ方を選べるのが良かったです。

過去の限定麺

「シロクロ」のここがおすすめ!

・1人でも入りやすい雰囲気。

・調べてでも食べたい限定麺。

・素材の味がそのまま活きたスープ。

今回お邪魔した【煮干しらー麺 シロクロ】。濃厚でクセになるラーメンを一度味わってみはいかがですか?

美味しかったです。ごちそうさまでした!