ヘッダー画像
盛岡市

【盛岡市 居酒屋】Fujiの営業時間・メニューを紹介!

Fujiサムネ

今回お邪魔したのは岩手県盛岡市にある、【盛岡三大麺】冷麺の新しい食べ方、焼き冷麺発祥のお店。

盛岡3大麺の1つである冷麺をアレンジした焼き冷麺発祥で商標登録もした、地元で有名なお店です。

駐車場はないので、車で向かう際は近くのコインパーキングを利用してください。

お品書き(目次)

 

「Fuji」のお店情報

店名遊食屋 Fuji
TEL0120-524-833
アカウントBlog
住所岩手県盛岡市大通2丁目4−16
営業時間17:30~04:30
席数80席
定休日日曜日
駐車場
アクセス盛岡駅から徒歩15分

「Fuji」の外観・内装

店舗の外観

fuji01こちらが外観。

かなりライトアップされ、看板や旗がたくさんあるので、わかりやすく目立つ外観です。ビルの2階にあるので、階段を登って入り口へ向います。

fuji02ドアに書かれているとおり、盛岡名物をたくさん取り揃えているので、盛岡に来た際には立ち寄りたいお店。

店舗の内装

fuji17こちらが内観。

少し暗く、雰囲気よい店内でした。かなり有名なお店のようで、入り口の近くに著名人の写真やサインが数多く飾られていました。

お店の方々がフレンドリーなので、かなり居心地が良いお店です。

fuji10店内は広めで、所狭しとテーブルが並んでいました。

席は、テーブル席とカウンター席があり、半個室やVIPルームも合わせて約80席あります。

メニュー

「Fuji」のメニュー

fuji12 fuji13ドリンクメニュー。

岩手県産のものを使ったドリンクなどがたくさん置いていました。

様々な種類を豊富に取り揃えているので、ここ一軒で岩手を楽しむことができます。

fuji14 fuji15フードメニュー。

ごはんものや麺類がたくさんあるので、食事利用だけでも安心してお店に入ることができます。

fuji11 fuji16商標登録された焼き冷麺や、Fuji名物のジャンボメニューなど、様々なメニューがあります。

Fujiのメニューである、盛岡りんごチャーハンが、ヘルシー中華料理コンテストで金賞を取ったこともあり、食べたいメニューがたくさん。

焼き冷麺 【880円】

fuji08見た目はタイ風の焼きそばのようにも見え、スープに入っている普通の冷麺の面影はほとんどありません。

冷麺はキムチを入れることがありますが、焼き冷麺は辛くないため、自分の好みに唐辛子や酢を入れてカスタムすることをおすすめしていました。fuji07具材は、きゅうり、キャベツ、玉ねぎ、紅しょうが、ねぎが入っていました。

醤油のようないい風味が口に広がり、卵を絡めて食べるので、コクもプラスされてかなり美味しかったです。

fuji03麺は、冷麺と同じものを使っているため、独特の食感は残ったままですが、少し柔らかくモチモチとしています。

タレが冷麺によく染み込んでいて、しっかりした味と独特の食感がクセになります。

海鮮揚げ冷麺 【1330円】

fuji06皿に入っており、揚げられた冷麺の上に蟹やえび、ホタテ、イカ、キャベツ、ピーマンのあんが乗っていてとても豪華です。

何人かでシェアする用の大皿だと思いますが、美味しくて1人で食べきれてしまいそう。

fuji05焼いた冷麺の他にも揚げた冷麺があったり、とても創作の幅が広いお店。

イメージとしてはかた焼きそばのようで、揚げられると冷麺が膨張されていました。

カリカリの部分としっとりした部分があり、しっとりした部分は揚げられた香ばしさと冷麺の食感が組み合わされており、新しい感じ。

fuji04あんはしっかりした味で、香ばしい麺とよく合っていました。

黒こしょうがかなり入っているので、少しピリッとしたアクセントがあって箸が止まりません。

海鮮はプリプリとした食感で、素材の味が感じられるので、ふんだんに使われているのがうれしいです。

鉄板ギョーザ 【440円】

fuji09熱々の鉄板の上に乗った餃子です。提供されたときもジュージューと音が鳴っていたので、かなり熱々。

揚げられたように皮がカリカリしており、お肉の甘みと旨味が中に閉じ込められていました。

時間が経つと皮が柔らかくなり、もちもちになるのでどちらも美味しく頂くことができます。

「Fuji」のここがおすすめ!

・団体にも優しい広々とした空間。

・人柄の良い店員さんとアットホームな雰囲気。

・盛岡に来たら寄りたい盛岡名物の数々。

今回お邪魔した【遊食屋 Fuji】。盛岡3大麺の冷麺を揚げて、焼いて、新しい食べ方を一度味わってみはいかがですか?

美味しかったです。ごちそうさまでした!