ヘッダー画像
山形市

【山形市 ラーメン】麺藤田の営業時間・メニューを紹介!

麺藤田サムネ

今回お邪魔したのは山形県山形市にある、自家製麺が自慢のラーメン屋さん。

「麺藤田」と書いて「めんどーだ」と読む、シャレのきいたネーミングセンスです。

駐車場はないので、車で行かれる際は近くのコインパーキングに停めてください。

お品書き(目次)

「麺藤田」のお店情報

店名自家製麺 麺藤田
TEL023-673-9109
住所山形県山形市香澄町1丁目7-1
営業時間11:30~14:30
18:30~00:30
席数18席
定休日日曜日
駐車場
アクセス山形駅から徒歩5分

「麺藤田」の外観・内装

店舗の外観

mendoda01こちらが外観。

「めんどーだ」といっぱいに書かれた黒いのれんが特徴的です。

場所は山形駅前の飲み屋街にあるので、飲んだ後の締めに利用される方が多いようでした。

店舗の内装

mendoda03こちらが内観。

食堂のような賑やかさで、店員さんも活気がありました。

席は、カウンター席とテーブル席があり、全部で18席。

メニュー

「麺藤田」のメニュー

mendoda02

主なメニュー
・つけ麺      830円
・磯のりつけ麺   920円
・トリトン中華そば 720円
・濃い白湯     800円
・ミニ炙り豚丼   300円
・おつまみ肉    450円

つけ麺がイチオシで、少し大きめのボタンになっています。

トッピングの種類が多く、黄色いボタンでたくさんありました。

つけ麺【830円】

mendoda11人気のつけ麺のスタンダードなものです。

麺は多めなので、少食の方は注意してください。

mendoda10麺にはもやしがトッピングされているので、先につけ汁に入れるのもいいし、麺と一緒につけて食べるのもいいと思います。

太めの平打ち麺で、固めの食感が食べ応えを感じます。

mendoda09つけ汁は魚介系の濃厚なものです。

どろどろとしていますが、濃すぎないので意外と口の中があっさりしていました。

中に入っているチャーシューはトロトロで、柔らかい食感が幸福感を感じます。

トリトン中華そば【720円】

mendoda07トリトンとは、鶏と豚のことです。

シンプルな見た目でした。

mendoda06トッピングは、豚チャーシュー、鶏チャーシュー、メンマ、玉ねぎ、海苔、ねぎ。

チャーシューは2種類あるので、肉肉しい豚としっとり上品な鶏を同時に楽しむことができます。

mendoda04スープは鶏のコクと豚の脂が溶け出したバランスのいいスープ。

豚を使っているのにかなりあっさりしており、食べやすかったです。

mendoda05麺は細麺を使用していました。

かなり硬めで、パツパツした食感が癖になります。

ミニ炙り豚丼【300円】

mendoda08焦げ目がつくまで炙ったバラ肉が乗った豚丼。

カリカリの表面ですが、中はトロトロしていて脂がジューシーでした。

あっさりめなタレと焦げ目の香ばしさがよく合ったミニ丼です。

「麺藤田」のここがおすすめ!

・シャレのきいた店名。

・活気のある店内。

・リピーター続出の濃厚なつけ麺。

今回お邪魔した【自家製麺 麺藤田】。癖になる濃厚なつけ麺を食べてみてはいかがですか?

美味しかったです。ごちそうさまでした!