大崎市

蕎麦カフェ 田伝 大崎市の営業時間・メニューを紹介!

蕎麦カフェ 田伝 大崎市 サムネイル

今回お邪魔したのは、宮城県大崎市鳴子温泉にあるお蕎麦屋さん「蕎麦カフェ 田伝」。

自社栽培、自社製粉のそば粉を使用しているこだわりのある、おしゃれなお店です。

「蕎麦カフェ 田伝」ってどんなお店?

お店の外観

蕎麦カフェ 田伝 大崎市 外観

ウッド調と黒の外壁が特徴的な外観。

鳴子温泉は海外からのお客さんも多いので、英語の案内が書かれた看板をかけています。

駐車場は、お店の前に10台分ほど停めるスペースがあり、最寄りのコインパーキングはないので満車の際は駐車場が開くのを待ったほうがいいかもしれません。

お店の内観

蕎麦カフェ 田伝 大崎市 内観
蕎麦カフェ 田伝 大崎市 内観 テーブル席

店内は家のリビングのような雰囲気があり、落ち着いて食事ができます。

会計カウンターの横には、お店で作ったものや地元の商品が並んでいるので、お土産にぴったりです。

席は、カウンター席が6席、テーブル席は2人掛けが1卓×2席、4人掛けが4卓×4席。全部で24席。

「蕎麦カフェ 田伝」のメニューは?

・盛りそば880円
・生ラー油冷やし肉そば1100円
・鳴子温泉とろろそば1210円
・山菜ぶっかけおろしそば1100円
・贅沢ベーコンガレット1210円
・おまかせガレット1210円
・キャラメルナッツガレット935円
・チョコバナナガレット935円

メニュー表は撮影禁止なので抜粋して掲載します。

そばはもちろん、そば粉を使ったガレットなどのスイーツも提供しています。

予算は1人あたり780円〜1500円ほど。そば粉を使った創作スイーツが目当てで伺う方も多く、比較的安価なので行きやすいです。

盛りそば 

蕎麦カフェ 田伝 大崎市 盛りそば

自社栽培、自社製粉、石臼挽きのこだわりが詰め込まれたおそばです。

白そばと黒そばから選ぶことができ、今回は白そば。

蕎麦カフェ 田伝 大崎市 盛りそば 付け合わせ

付け合わせにそばかりんとうときゅうりの漬物がついてきます。

そばかりんとうは、そばを油で揚げたもので、カリッとした食感と香ばしさがくせになります。

きゅうりの漬物は、ほどよい塩気がそばの風味にぴったりです。

蕎麦カフェ 田伝 大崎市 盛りそば そば

そばは細麺で、コシが強いので1本1本存在感があります。

意外とボリュームがあり、コスパの面でも非常に満足です。

蕎麦カフェ 田伝 大崎市 盛りそば つゆ

そばつゆは濃すぎず、そばの風味を消さずに引き立てています。

ボリュームがありコシが強いので、食べごたえ抜群です。

蕎麦カフェ 田伝 大崎市 そば湯
蕎麦カフェ 田伝 大崎市 そば湯

ある程度食べ終わると蕎麦湯を持ってきてくれます。

とろみがあり後味に甘みを感じ、最後にホッとすることができるのでおすすめです。

生ラー油冷やし肉そば

蕎麦カフェ 田伝 大崎市 生ラー油冷やし肉そば

生ラー油を使用した冷たいかけそばです。

付け合わせにきゅうりの漬物が付いてきます。

麺は極太麺か細麺で選ぶことができるので、注文の際に申し出てください。

蕎麦カフェ 田伝 大崎市 生ラー油冷やし肉そば 具材

トッピングは、鶏チャーシュー、ごぼう天、ねぎ。

鶏チャーシューはジューシーで、パサパサ感がありません。ごぼう天はラー油の辛みとよく合います。

蕎麦カフェ 田伝 大崎市 生ラー油冷やし肉そば つゆ

つゆはラー油の辛みが効いたほんのり酸味のあるもの。

ラー油抜きやラー油増しもちゅうもんすることができます。

冷たいので辛くても旨味を強く感じるので、そのままがおすすめです。

蕎麦カフェ 田伝 大崎市 生ラー油冷やし肉そば そば

そばは、基本的に黒そばで提供しているのですが、今回は白そば。

ラー油でそばの風味が消えず、調和していて相性抜群です。

「蕎麦カフェ 田伝」のおすすめPoint

・おしゃれな外装・内装。

・自社栽培、自社製粉のこだわりのそば。

・そば粉を使った創作料理。

「蕎麦カフェ 田伝」のinformation

店名蕎麦カフェ 田伝
TEL0229-25-3353
アカウント  
住所宮城県大崎市鳴子温泉月山13-2
営業時間昼:11:00〜15:00(土日祝日は11:00〜16:00)
席数24席 カウンター席×6 テーブル席×18
定休日不定休
駐車場有 10台
アクセス方法川渡温泉駅から徒歩15分
「川渡温泉」バス停から徒歩15分