宅麺

【宅麺.com】琴平荘 中華そば(あっさり)を紹介!

宅麺 琴平荘 中華そば サムネイル

今回注文したのは、山形県鶴岡市三瀬己にあるラーメン屋さん「琴平荘」の中華そば(あっさり)。

※「宅麺.com」とはご自宅に居ながら全国の有名ラーメン店から地元に愛される名店までお店の味を楽しめるサービスです。実際のスープを各ラーメン店で作り、冷凍させ届けることによってお店の味を再現させています。

「琴平荘」ってどんなお店?

夏は旅館を経営されているラーメン屋さん。

10月から5月までの冬季限定でオープンし、週末には昼の営業だけで500人以上のお客さんが訪れるほど大人気のお店。

宅麺をより美味しく食べる為に!

1.宅麺.comで注文すると冷凍された状態でスープが届きます。冷凍保存なので冷凍庫に入る量を注文してください。また記載された賞味期限に気を付けてください。

2.実際に作る際は、まずオススメトッピングを確認しします。麺を茹でてからでは美味しく食べることができません。

3.麺を茹でるときは大き目の鍋でたっぷりの水を沸騰させて茹でるようにしてください。

4.ラーメン屋さんでも行っているお店が多いですが、スープを入れる前に丼を温めておくとスープが冷めにくく美味しくいただけます。

「琴平荘」中華そば(あっさり)

「中華そば(あっさり)」の商品構成は?

宅麺 琴平荘 中華そば 商品構成

「琴平荘」中華そば(あっさり)の商品構成は、麺、スープ、チャーシュー、メンマ。

お店おススメのトッピングは、のり、刻みネギになります。※おススメトッピングはご自身で用意します。

店主さんおススメの食べ方!

・鍋にスープを入れ加熱して、ご飯、刻みネギ、沸騰後溶き卵を入れて雑炊に!

これ以外にも自分流にアレンジして宅麺ならではの食べ方を楽しんでみてください。

「中華そば(あっさり)」の作り方は?

宅麺 琴平荘 中華そば 作り方

1.大き目の鍋2つに沸騰したお湯を用意します。(具材用と麺を茹でる用)

2.スープ用鍋に熱湯を張り、封を切らずにスープを10分ほど温めます。

3.スープ用鍋に、封を切らずに具材を3分ほど温めます。

4.沸騰した麺用の鍋に袋から取り出した麺を入れ2分30秒~3分30秒ほどお好みの硬さで茹でます。

5.2で湯煎したスープを器に注ぎ、茹で上げた麺を湯切りして盛り付けます。

6.3で用意した具材をトッピングして完成です。

「中華そば(あっさり)」の味は?

宅麺 琴平荘 中華そば

昔ながらの中華そばという印象のラーメン。

商品構成外のトッピングとして、海苔、ねぎを乗せています。

宅麺 琴平荘 中華そば 具材

トッピングは、チャーシュー、メンマ、ねぎ。

チャーシューは大きめのものが2枚入っており、とても柔らかく、箸で持つだけで崩れるほどです。

メンマは細めのものがたくさん入っており、シャキシャキとした小気味いい食感がクセになります。

宅麺 琴平荘 中華そば スープ

スープは自家製のアゴの焼干しと鶏を使用したこだわりのスープ。

奥深い味わいで、醤油とのバランスも非常にいいです。

宅麺 琴平荘 中華そば 麺

麺は、ちぢれのある太麺。

もちもちとしており、ほどよい弾力で食べごたえ抜群です。

「琴平荘」の口コミ情報

女性
女性
素材の味が活きていて最後まで美味しい!

男性
男性
丁寧な仕事が感じられる逸品!

丁寧に作られたスープと麺は最後まで飽きずに食べることができる様です。

「琴平荘」の商品は宅麺.comで!

冬季のみ販売される幻の中華そばを求め、週末になると昼のみの営業で一日500人が訪れるという、山形県鶴岡市にある旅館「琴平荘」。上質な淡麗醤油スープ、自家製ちぢれ麺、国産チャーシューと拘りメンマが芸術的なハーモニーを奏でる。

出典:琴平荘(こんぴらそう) 中華そば(あっさり)山形の僻地で1日500人来客!幻の中華そば

「琴平荘」のinformation

店名琴平荘
TEL0235-73-3230
アカウント
住所山形県鶴岡市三瀬己381‐46
営業時間昼:11:00~14:00
席数60席
定休日木曜日
駐車場
アクセス方法三瀬駅から徒歩18分
「三瀬」バス停から徒歩4分